『なつぞら』140話感想まとめ

スポンサーリンク

連続テレビ小説「なつぞら」

記念すべき100作目は、戦後、北海道の大自然、そして日本のアニメーション草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマです。

キャスト
広瀬すず
松嶋菜々子
北乃きい
音尾琢真
中川大志
染谷将太
大原櫻子
川島明
清原翔
伊原六花
犬飼貴丈
富田望生
板橋駿谷
貫地谷しほり
草刈正雄
【語り】
内村光良
ほか

スタッフ
作:大森寿美男
音楽:橋本由香利
ほか

公式サイト
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

前回の『なつぞら』感想まとめ

『なつぞら』139話感想まとめ
ももっちに受け継がれたファッションセンスwこれで十勝編アニメ編登場人物全員集合ってわけだ。
なつぞら 第140話 感想まとめ
139:2019/09/10(火) 08:14:36.10 ID:/lbo7sCF.net
ジブリでよくある暴れる動物をおさえるやつやwwwwww
143:2019/09/10(火) 08:14:36.82 ID:CS9DEXXi.net
やっぱりOPのアニメがそうなのか?
169:2019/09/10(火) 08:14:46.51 ID:4tKiT/eZ.net
娘がハイジのモデルか
250:2019/09/10(火) 08:15:29.95 ID:wUCmRCtq.net
幼少期に同じ事やっててこれならともかく突然すぎるわ。
255:2019/09/10(火) 08:15:36.62 ID:R8U1qDwh.net
牛はこわいね
鶏にしましょうw
260:2019/09/10(火) 08:15:41.14 ID:mnvq1EQ6.net
やっぱストーリーがどうであっても十勝のほうが面白い(´・ω・`)
288:2019/09/10(火) 08:16:24.51 ID:fEVaB25w.net
>>260
確かにwww
838:2019/09/10(火) 08:15:06.06 ID:oNpVyo2A.net
ももっち
赤い服着てあんな挑発したら牛が突っ込んでくるぞ
848:2019/09/10(火) 08:18:38.82 ID:33JqMvsv.net
>>838
牛は色わからない説
840:2019/09/10(火) 08:16:12.31 ID:0bJpS+60.net
今日はおもしろかったわ。そして母ちゃんの生まれは大正4年? 亡き婆ちゃんの没年も発覚
844:2019/09/10(火) 08:16:59.87 ID:053a5V5s.net
優ちゃん番長好きになってくれて良かった
陽平が森の中にいるとスナフキンのよう
地平も大きくなったし照男一家の部屋は増築したらいいのにと思ってたけどやっぱ離れ建てたか

847:2019/09/10(火) 08:18:15.65 ID:0iCYe6ht.net
照男達が離れを建てた話は前にも聞いた気がする
849:2019/09/10(火) 08:19:32.53 ID:EoSDhS3x.net
番長、「コワイ、キライ」言われなくてよかったな!w
さすが光子さんの教育が行き届いて空気を読むことを知ってる
851:2019/09/10(火) 08:20:41.45 ID:053a5V5s.net
半青の爺ちゃんも孫と昼寝してる時に死んだから今日の爺ちゃんのお昼寝シーンびびった
良かった生きてて
861:2019/09/10(火) 08:24:20.90 ID:JUF7t2v3.net
>>851
苦労してきた爺さんが
晩年、家族に囲まれてのんびりうたた寝ができる
平和な日々。
ほんと、良かったね。
856:2019/09/10(火) 08:22:15.60 ID:o+6YGI96.net
このじいちゃんは最後まで死なない気もするがやっぱりアニメ見て死ぬんかな
867:2019/09/10(火) 08:27:22.81 ID:X5zyR7Sg.net
結局天陽兄は実家に戻ったっぽいけどそれ以外は全員柴田家に収まったのか
いつの間に離れなんかも出来て柴田家大繁盛してるんだな
871:2019/09/10(火) 08:30:23.76 ID:gkii5vS5.net
富士子ちゃんと砂良さんの間に嫁姑問題が無さそうでなにより。
874:2019/09/10(火) 08:31:53.41 ID:9bIDh+9M.net
>>871
砂良ちゃんの人柄の良さを感じる
なつが爺ちゃんの話きいたあと「爺ちゃん苦労したんだね」といったら、すかさず砂良が「お母さんも」とフォローしたけど、こういう嫁いいわ
934:2019/09/10(火) 09:24:41.44 ID:mAeAyQy3.net
番長が子煩悩で癒しキャラだね。
「俺を主役にしてくれたのか」の斜め上な自惚れも相変わらず

コメント