『心の傷を癒すということ』4話(最終回)感想 NHKの本気を見たドラマだった!

心の傷を癒すということ
NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」。若き精神科医の安和隆(柄本佑)と妻の終子(尾野真千子)は第一子の誕生直後、阪神・淡路大震災に遭遇する―。

キャスト

柄本佑
尾野真千子
濱田岳
森山直太朗
浅香航大
清水くるみ
上川周作
濱田マリ
趙 和
平岩紙
石橋凌
キムラ緑子
近藤正臣
ほか

スタッフ

原案:安克昌
脚本:桑原亮子
ほか

原作情報


新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア
PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ被災者の「心の叫び」と、自らも被災しながら取り組みつづけた精神科医によって、阪神大震災の被災地から届けられた感動の“心のカルテ”。
本書は、サントリー学芸賞受賞作に改訂を加え、さらに新たに阪神大震災および災害精神医学に関するエッセイや論考を大幅に増補し、そして著者と関係の深かった方々の文章を収録した決定版。

前回の『心の傷を癒すということ』感想まとめ

『心の傷を癒すということ』3話感想 重たい話だけれど救われる
やっぱりワンクールくらいで見たかったな、来週でもう安先生に会えなくなるのか…
おすすめサイト記事

心の傷を癒すということ 第4話(最終回) みんなの感想まとめ

688:2020/02/08(土) 21:49:04.29
ひとりだけ立ち止まってる...
765:2020/02/08(土) 21:56:18
>>688
亡くなったらそこから先へは進めないからねえ
689:2020/02/08(土) 21:49:04.12
NHKの本気を見たドラマだった
694:2020/02/08(土) 21:49:14
良かった良いドラマだった
696:2020/02/08(土) 21:49:16
やはりお子さんご本人たちだったか
699:2020/02/08(土) 21:49:19
良いドラマだった
702:2020/02/08(土) 21:49:20
静かで真面目なドラマだった
茶化してないのがよかった
706:2020/02/08(土) 21:49:30
終わり方よかった
707:2020/02/08(土) 21:49:32
面白かった なんか素直に泣けた よかった
708:2020/02/08(土) 21:49:33
いいドラマだった
710:2020/02/08(土) 21:49:41
いやクオリティ高いドラマを見た
凄いわ
716:2020/02/08(土) 21:49:58
いいドラマだったわ
でもなんでリアルでも良い人ほど早く死んでしまうんやろ
かなしいなあ
747:2020/02/08(土) 21:53:17
震災ドラマというジャンルがあるわけではないけど 震災を扱ったドラマとしてはかなり高い位置にくるんじゃないかな
361:2020/02/08(土) 21:49:46.06
良かったけど最後亡くなったのか
362:2020/02/08(土) 21:53:18.43
人にやさしくありつづけた人だった。
自分も誰かの心に寄り添える人生を送れるだろうか…
364:2020/02/08(土) 21:57:54.86
>>362
俺は今の所出来ていない…ちっとも成長せん
369:2020/02/08(土) 22:20:28.75
>>362
そう思える視聴者がいるなら、きっとこのドラマも放映した意味があるんじゃないかな
363:2020/02/08(土) 21:54:57.50
ええドラマだった
原案は未読だけど、きっと原案に誠実なつくりだったんじゃないかと思う
365:2020/02/08(土) 21:59:15.78
最後に出てきた3人の子供、演じていたのは本人なんだな
そうかな?と思ってエンドロール見たら安さんが3人いた
366:2020/02/08(土) 22:07:30.59
やっぱり4回では全く足りなかった
せめて6回はやってほしかったな
癌が発見されてからの安先生の1年の過ごし方の濃さが
もっと描かれても良かったかな
まあ、本を読んでいたからそう思うのかもしれないけど・・・
最期まで周りを気遣って逝ってしまわれた

安先生の臨終の言葉は「たのむ」だったそうだ

368:2020/02/08(土) 22:19:08.53
実はこの後あのお兄さんも57歳くらいで
同じ肝細胞癌で亡くなられてしまうんだよね・・・
お父さんといい、癌家系だったのかな
悔しいなぁ・・・
370:2020/02/08(土) 22:22:26.40
>>368
えー、そうなんだ?
弟はどうだったんだろう?
お父さんも肝臓癌だったんだっけ?
371:2020/02/08(土) 22:22:38.18
>>368
直太朗の役?

直太朗出てた?

374:2020/02/08(土) 22:25:38.99
>>370
>>371
そう、直太朗さんがやってた海外で教鞭取ってたお兄さん
お父さんは何癌だったんだろうか
そこまでは書いてなかった気がする
394:2020/02/09(日) 00:47:52.04
>>374
お母さんは長生きされてるのかな?
息子二人に先立たれたことになるのかな…
辛いだろうな
373:2020/02/08(土) 22:24:10.57
車椅子に乗って白衣着た後、北林先生に「そのままでいい、焦らなくていい」って言った場面が良かったな
終子さんに癌を告げた後、「家帰ったら泣かれへんからここで泣いて帰り」の場面も
優し過ぎる
375:2020/02/08(土) 22:42:06.03
ラストシーンは成長した子どもたちの後ろ姿とルミナリエの光で救われた
3話までのエンディングが走る車の中から神戸の空を見てるみたいな映像だったのは
病院に向かうタクシーの中の安先生の視点と重ねてたのかなと思った
湯浅は1話の「安と安田どっちで呼ばれたい?」とか本当にいい友達だな
オノマチは若い娘~奥さん時代からちゃんと年齢を重ねたように見える
377:2020/02/08(土) 22:50:23.56
>>375
在日の人を差別している人は、現実には本当はそんなにいないからね、もう三世とかだから

尾野真千子は「カーネーション」でも凄い年代を演じていたからなぁ

385:2020/02/08(土) 23:29:47.75
>>377
差別とか言うより「お前の呼ばれたい方を尊重するよ」って感じなのが
いい友達だなと思ったんだ

「医者に見える?」「名医に見えます」とか些細なやりとりに優しさがあるドラマだった

395:2020/02/09(日) 00:49:12.52
>>385
わかる。
ちょいちょい色んなとこに優しさとか丁寧さが見えるドラマだったね
378:2020/02/08(土) 22:59:54.33
湯浅先生は実在したのですか?
泣けた泣けた。
ツラいよ。
379:2020/02/08(土) 23:04:15.63
>>378
湯浅という名前ではないけど中学時代から
仲が良くて同じく医者になった人はいたみたい
一時期一緒にJAZZの教室にも通ってた、その人だと思う
383:2020/02/08(土) 23:13:46.21
>>379
そうなんですか。
安先生の事を何処かで
語り繋がって欲しいです。
ありがとうございました。
コメントから引用:2020/02/10(月) 23:11:59
>>378>>379
湯浅先生のモデルは精神科医の名越康文先生ではないでしょうか?

http://nakoshiyasufumi.net/20200120maga_kokoro/

380:2020/02/08(土) 23:07:33.12
震災のシーンを丸々カットしてコストを浮かせたのも良かったね
386:2020/02/08(土) 23:34:07.33
主演はもちろん全てのキャストが素晴らしかった
当時被災されたスタッフも少なくなかっだろう
制作に関わる人たちの想いが伝わってきた
穏やかで丁寧で余韻の残るいいドラマだったなあ
396:2020/02/09(日) 01:16:23.24
あっという間に終わった
397:2020/02/09(日) 01:30:47
これからも大切にしたいと思える言葉、台詞が多かった。
佑ぴったりだったし、オノマチの歳の重ね方が流石だった。脇に至るまで全員よかった。
399:2020/02/09(日) 02:33:16
個々のシーンとかセリフとか演技とかは丁寧ですごくよかった
ただ「誰も一人ぼっちにしないことだ」っていうのはちょっと綺麗事すぎるというか雑に感じた
400:2020/02/09(日) 03:45:26
>>399
先生の色んな書かれた言葉の中で実際にある言葉だよ
いろいろと医者として色んな人と感じて到達した実感だよ
自分は本を読んだのですごく良く解った
そういう意味では、綺麗事と捉えてしまう人がいたということは
やはりちょっと尺が足りなかったのかな、と思う

コメント

  1. 378
    379
    さん
    湯浅先生のモデルは
    精神科医の名越康文先生
    ではないでしょうか?

    http://nakoshiyasufumi.net/20200120maga_kokoro/

タイトルとURLをコピーしました