Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed
Loading RSS Feed

『上意討ち~拝領妻始末』感想まとめ

タイトル:『上意討ち~拝領妻始末』
放映日時:2013年2月9日21:00 – 23:36
放送局:テレビ朝日系列

■あらすじ
田村正和×仲間由紀恵…豪華共演が実現!ある藩士のもとに、藩主の側室を息子の妻として迎えよとの命令が下った。そして一年後、藩の事情でまた返上せよとの命令が…。「上意とはいえあまりにも人の心を知らぬ!」藩からの非道な仕打ち!家族への愛のため忠義を捨て命を懸けた男と女の物語!

■出演者
田村正和
仲間由紀恵
緒形直人
北村有起哉
田畑智子
石黒英雄
橋爪功
大杉漣
藤真利子
笹野高史
津川雅彦
梶芽衣子
松平健

■スタッフ
原作 – 滝口康彦『拝領妻始末』
脚本 – 橋本忍
音楽 – 加古隆
監督 – 藤田明二(テレビ朝日)
プロデューサー – 田中芳之(テレビ朝日)、加藤貢(東映)、榎本美華(東映)、江平光男
制作 – テレビ朝日、東映

http://www.tv-asahi.co.jp/jouiuchi/
公式サイト:上意討ち~拝領妻始末|テレビ朝日


2: 名無しステーション 2013/02/09 23:36:20 ID:s//MDqAL
会津から苦情くるぞ
こんなフィクションつくって
43: 名無しステーション 2013/02/09 23:54:28 ID:uVr9k21e
>>2
元々は1967年の三船版のリメイクなんだから。
3: 名無しステーション 2013/02/09 23:37:25 ID:tWQHDhpx
会津のイメージだだ下がり
4: プリンマン ◆PRIN//LcOMvL 2013/02/09 23:38:37 ID:MQRSbPVs
(´・ω・`)結局みんな死んで終わりみたいな
投げっぱなしジャーマンはやめれっ
少しは結末を考えて作れよ
5: 名無しステーション 2013/02/09 23:38:38 ID:rSV+3l7G
いい鬱エンドだった
6: 名無しステーション 2013/02/09 23:39:36 ID:ewm4C4tS
不思議発見を見る直前に気づいて、こっち見たけど面白かったわw
上様は相変わらずカッコいいな
7: 名無しステーション 2013/02/09 23:40:29 ID:s//MDqAL
糞つまんなかったわ
わざわざ会津を悪者に仕立てあげて
29: 名無しステーション 2013/02/09 23:51:18 ID:0lK4uBay
>>7
会津にはほら加藤明成とかもいるし!
・・いや実際加藤明成が暗君だったかは知らんけど
8: 名無しステーション 2013/02/09 23:42:07 ID:RyKWumQK
つーかなんでわざわざ街道を行くの?
関所かわして山道とか行けばえーやんっていつも思う
11: 名無しステーション 2013/02/09 23:42:59 ID:zTPae81n
>>8
幼子抱えていけるか
14: 名無しステーション 2013/02/09 23:44:12 ID:Nb/ldjOo
>>8
今みたいにどこも道路だらけで、山超えたらまた別の道路じゃないから
山に入ると普通に遭難コース
15: 名無しステーション 2013/02/09 23:44:54 ID:h9lmi16d
>>14
上手くいけば山賊と遊べるよ!
19: 名無しステーション 2013/02/09 23:46:15 ID:zTPae81n
>>15
やったね!ついでに猪や狼やなんかも普通にいるよ!柔らかい赤子ならさぞ美味しいだろうね!
9: 名無しステーション 2013/02/09 23:42:21 ID:Nb/ldjOo
時代的なこと考えれば特に不条理でもないというか
上役の皆さんはかなり正和ファミリーに譲歩し続けてたろ
18: 名無しステーション 2013/02/09 23:45:51 ID:h9lmi16d
>>9
むしろ上役は割と好意的だったな

藩主が側室一匹に躍起になり杉やねん

12: 名無しステーション 2013/02/09 23:43:28 ID:ambv83Xf
仲間を使うには勿体ない配役だな
82: 名無しステーション 2013/02/10 00:07:51 ID:N82rq/+6
>>12
しかし仲間だからこそ、お家断絶してでも!って説得力が出たんじゃなかろうか
嫁役がショボい人だったら、いらんがなwwwって視点で見てしまいそうだ
13: 名無しステーション 2013/02/09 23:43:48 ID:4e9bWew/
真剣にググったけど、今回の最大の悪の根源「松平正容」しかヒットしなかったわ。

もちろんフィクションなんだろうけど、なんで会津藩の「松平正容」の時代に
起きた悲劇として作者は作ったの?

事情通の人教えて~!

20: 名無しステーション 2013/02/09 23:46:23 ID:ambv83Xf
>>13
しかも正容は子沢山、当時としては少ないほうかもしれないがドラマと違って何人か居たはず
30: 名無しステーション 2013/02/09 23:51:18 ID:KlRTbm1e
>>13
正容は側室6人、うち4人を家来へ下げ渡し。
実際に家禄召し上げになった家来あり。
ホントに名君だったのかな
41: 名無しステーション 2013/02/09 23:54:11 ID:fzawjDSz
>>30
建前上は、臣下への褒美ではあるのよね。一応
47: 名無しステーション 2013/02/09 23:55:41 ID:YbFxcOOu
>>41
取り立てる家臣へ下げ渡しする慣わしだったような。
35: 名無しステーション 2013/02/09 23:53:35 ID:s//MDqAL
>>30
詳しく教えてくれ。
これフィクションだったら、かなり悪意があるぞ。
俺は二本松藩の人間だが。
48: 名無しステーション 2013/02/09 23:55:52 ID:h9lmi16d
>>35
側室払い下げなんて腐る程あるでござるの巻

まぁ払い下げた後に召し上げ。なんてみっともない真似はそうそうないだろうが

57: 名無しステーション 2013/02/09 23:59:04 ID:KlRTbm1e
>>35
おいちの墓は会津松平家の菩提寺にあるらしいから、
子供が世継になったあとはそれなりの暮らししてたんじゃないのかな。
正容の拝領妻から書き上げたあくまでフィクションでしょ
60: 名無しステーション 2013/02/10 00:00:21 ID:xJ0wchWv
>>57
おいちの産んだ子がそれなりの地位で続き上様にもなり
ゆくゆく国母だもんなあ
何故おいちを選んだんだろうw
51: 名無しステーション 2013/02/09 23:58:00 ID:4e9bWew/
>>20>>30
ありがとう。まぁ、自分で残りは詳しく調べてみるけど
ただ単に側室を実際に家臣に下げ渡ししただけなら
こんな悲劇になるわけもないよねぇ?
それとも何かしらの事件があったのかねぇ?

でも、それを差し引いてもなんだか作者の悪意ばかりが感じられるなぁw
福島の人は絶対に面白くないだろうしさ。

63: 名無しステーション 2013/02/10 00:02:19 ID:7Z/8ji0y
>>51
そんなこといったら切腹の彦根藩はどうなんだよ(笑)
フィクションなんだからフィクションで楽しめよ
おらがお殿様の藩が取り上げられないって所はたくさんあるんだから知名度あるだけ有難いだろ(笑)
114: 名無しステーション 2013/02/10 00:21:07 ID:PTWknzsP
>>63
映画やドラマで取り上げられることで確かに有名にはなるが・・・
こんなの歴史で習わなかったからフィクションに決まってるじゃんw
でいいのかな。俺がまじめに受け取りすぎちゃってるのかな。。

でも、ほらさ、安倍ちゃんなんて福島県に遊説に行った時に
「戊辰戦争の時に自分たちの先輩が皆様に迷惑かけて申し訳有りません」
なんて謝罪してたじゃん?あんなの見るとさ、下手に他人様の地域の
歴史をいじっちゃったら・・・なんて思うのよ。

やっぱり私疲れてるのかしらモルダー?

21: 名無しステーション 2013/02/09 23:46:41 ID:1fMP15L/
まあ斬九郎の最終回みたいなオチがなくて良かったわ
107: 名無しステーション 2013/02/10 00:17:10 ID:iEaYKQhs
>>21
斬九郎の最終回、あの人力車夫は他人の空似でいいの?
22: 名無しステーション 2013/02/09 23:47:37 ID:W0FFpRFb
大事になるとやばいから穏便にしようとして色々してたはずなのに
結局人死にまくるわ跡継ぎの母親は死ぬわ鉄砲撃ちまくるわだったわけだが

これ取り潰されるんじゃ…

25: 名無しステーション 2013/02/09 23:50:09 ID:h9lmi16d
>>22
腐っても徳川一門だからこの程度の痴話喧嘩でとり潰しまではいかんよ
28: 名無しステーション 2013/02/09 23:50:38 ID:YbFxcOOu
>>22
この話、確か享保の頃でしょ。

既に結構な数の藩が潰されて、浪人があふれて江戸に流入してたはず。
社会不安の重大な懸念材料になって、この頃になると、
幕府も潰さなくなってたんじゃないかと。

31: 名無しステーション 2013/02/09 23:51:31 ID:RfRTuPeR
手形じゃなくて切手って
上様言ってたけど、なんか違うな?
42: 名無しステーション 2013/02/09 23:54:28 ID:h9lmi16d
>>31
通行手形は関所切手ないし札とも言うでござる
83: 名無しステーション 2013/02/10 00:07:52 ID:synl+yeW
>>42
ほほぅ
33: 名無しステーション 2013/02/09 23:52:02 ID:pSiheL4z
黒沢明の「乱」に迫るバッドエンドでよかった
ギリシア悲劇へのリスペクトみたいな
40: 名無しステーション 2013/02/09 23:54:07 ID:cuQMGVEI
こんな潔い終わり方久々だった
必要以上に後半母や弟が関わらなかったのもシンプルで良かった
鉄砲でしか止められなかった父の思い
45: 名無しステーション 2013/02/09 23:54:50 ID:pSiheL4z
昭和初期まで政治家が妾を囲ってても大して叩かれなかった。
宇野はその感覚でいたが時代はもう許さなかった。
この映画が登場した頃の社会の封建的な感覚が残っていた事もなんか作品解説とかあればよいのに。
まあ、体育会系は西暦2000年を越えても封建制のようですがね。
46: 名無しステーション 2013/02/09 23:55:40 ID:EMgeEeNC
正容は払い下げしてたしなぁ
正之が戒めていたのに保科姓から松平姓にかえて葵紋つかいだしたからなぁ
権威主義的でこういう話をつくる題材にはもってこいだったんやろな
61: プリンマン ◆PRIN//LcOMvL 2013/02/10 00:00:35 ID:MQRSbPVs
(´・ω・`)将軍も切られるだけじゃなくて
あっち行くと抜け道だよ的なの教えてやれば良いのに
ただ切られて終わりの意味なし
64: 名無しステーション 2013/02/10 00:02:38 ID:vFs6zCoC
>>61
浅いな
65: 名無しステーション 2013/02/10 00:03:07 ID:bV/zng2v
>>61
潘も裏切れないし、友も通してあげたい
だから斬られる道を選んだのに逃亡の手助けはできないでしょ
あの時点で鉄砲隊が迫ってるか吉宗が知ってたかも不明だしね
68: 名無しステーション 2013/02/10 00:03:42 ID:Ljv8zroO
>>65
さらりと吉宗書くなw
72: プリンマン ◆PRIN//LcOMvL 2013/02/10 00:04:41 ID:Kj3G+6lS
>>65
(´・ω・`)そこわ切られたあとに地図渡すんだよ
おっとうっかり地図を持ってきてしまった的な
地図渡せばストーリー的に鉄砲来ないよ
62: 名無しステーション 2013/02/10 00:00:43 ID:TAGHJwDp
三船は何本か作った映画が、黒沢にはなれないみたいにやたら批判されて
それでこーゆうシビアで全く救いの無い映画撮ったっぽいね
67: 名無しステーション 2013/02/10 00:03:33 ID:RwmDda8r
徳川御三家の格と幕府やほかの大名への影響度あたりで絞られて、
あとは側用人が力を持つ時代、後継ぎで揺れた史実、なんかで
松平正容が選ばれたんじゃね?
70: 名無しステーション 2013/02/10 00:04:36 ID:4e9bWew/
江戸時代で藩主への忠誠が絶対だということは理解している。
そして、それでも武士の意地という相反する感情で主人公や息子が
葛藤で苦しんだ末に自分たちの道を貫く美学を描きたいのも分かる。

しかし、結局息子は死に、息子の嫁も死に、親友を殺してしまい
自らも銃弾に倒れる、一粒種の娘は孤児に、さらに一族はお取りつぶしで大迷惑・・・

もうちょっと冷静になれなかったものか?主人公があまりに短絡的で
余裕が無く、ただただいたずらに犠牲を作っただけの愚か者にしか
見えなかった。
「それを言ったら物語にならねーよ」というのはわかってるけどさぁ・・・

77: 名無しステーション 2013/02/10 00:06:26 ID:RO0PZRe/
>>70
そんなあなたに薄桜記。
89: 名無しステーション 2013/02/10 00:08:56 ID:m8cLExi3
>>77
そう
婿どのをイジメて来たから正和は息子夫婦に理想の結婚を見て守ろうと意地になった
91: 名無しステーション 2013/02/10 00:10:26 ID:RwmDda8r
>>70
原作は、ここまで悲惨じゃない
たしか蟄居レベル
弟君はむしろ出世
96: 名無しステーション 2013/02/10 00:13:13 ID:eKdJjZ4K
>>91
原作はちがうのかー
98: 名無しステーション 2013/02/10 00:13:21 ID:PTWknzsP
>>91
映画化の時に原作が相当に悲劇的なエンドにされてるってことかw
原作読んでみます、ありがと!
97: 名無しステーション 2013/02/10 00:13:19 ID:TAGHJwDp
>>70
やっぱり時代に対する怒りなんでねーの
剣の腕はすげえのに上司のおもちゃにされて
まぁ愛を得られなかった怒りを息子の人生に重ねてる幼稚な部分も多分にあるけどねぇ
99: 名無しステーション 2013/02/10 00:14:34 ID:q/2zP5fZ
最後原作では、上意に背いて伊三郎親子は知行を召し上げ、永押込み、親類一同も閉門を申しつけられる。
与五郎の弟文蔵はよく父兄をいさめたということで四人扶持をもらう。
そして永押込みがゆるされないまま藩主が死に、いちのうんだ容貞があとをおそい、さらに老女並にしか遇されていないいちは御生母のあつかいをうけないままに死去する。
藩主に容貞がなったとすれば伊三郎親子の永押込みを解除することは可能だが、それを敢えてしなかったところに、いちの精一杯の反抗を作者はみようとしているようである。
 その部分を映画では、側用人ら藩側の奸策をはねのけ、伊三郎親子が上意討ちの追跡隊と死闘して息絶える映画的におきかえている。

らしいよ

129: 名無しステーション 2013/02/10 00:30:20 ID:PTWknzsP
>>97の人の意見に同意、>>99の人の原作解説で納得、
73: 名無しステーション 2013/02/10 00:04:44 ID:eKdJjZ4K
しかし追っ手の手回しがずいぶんいいな
79: 名無しステーション 2013/02/10 00:06:42 ID:Ljv8zroO
>>73
むしろ赤子連れで足も遅い男を国境まで行かせる時点でザル警備である
94: 名無しステーション 2013/02/10 00:11:40 ID:eKdJjZ4K
>>79
関所も一つじゃないだろうし
あんだけ鉄砲配置できるもんかと
75: 名無しステーション 2013/02/10 00:05:02 ID:tBu840We
なかなかの秀作。
78: プリンマン ◆PRIN//LcOMvL 2013/02/10 00:06:32 ID:Kj3G+6lS
(´・ω・`)あの姑のババアムカついたな
あいつ切れば良かったのに
85: 名無しステーション 2013/02/10 00:08:21 ID:vFs6zCoC
>>78
今頃斬られてるから安心しろ
80: 名無しステーション 2013/02/10 00:07:03 ID:m8cLExi3
これもし江戸に言いつけ成功しても正和は江戸側が理由つけて殺すでしょ
秩序を保つ為に
87: プリンマン ◆PRIN//LcOMvL 2013/02/10 00:08:40 ID:Kj3G+6lS
>>80
(´・ω・`)非道を世間に晒せば本望なんじゃないの
生きててもやることなかったんじゃない
93: 名無しステーション 2013/02/10 00:11:34 ID:7Z/8ji0y
>>80
文治政治になったとはいえまだまだとりつぶし狙っているから
この頃は幕府財政やばいから天領にしたがっていたしな
まぁとりつぶしなくても藩主に隠居させるくらいはしたでしょうなぁ
101: 名無しステーション 2013/02/10 00:15:05 ID:RZz0jH4R
>>93
慶安の変と承応の変で懲りた幕府は、
それ以降ほとんど取り潰しはやってなかったんじゃなかった?

藩主隠居申し渡しくらいじゃなかろうか。

115: 名無しステーション 2013/02/10 00:21:18 ID:7Z/8ji0y
>>101
架空の話しても仕方ないが

会津藩は特殊なのよ
実質御一門なのに保科正之のときは幕府政治に加わることができる特殊な立場だったからな
つまり政権運営する譜代らの権力争いに新たに入ってきたのよ
うまくいけばとりつぶし、次点は領地替え、次は藩主替えってな感じさ

120: 名無しステーション 2013/02/10 00:24:21 ID:RZz0jH4R
>>115
でも正保自身、直筋じゃなかったんじゃなかったっけ。
敢えて波立てたくなかった分には変わらんかったと思うが。
81: 名無しステーション 2013/02/10 00:07:22 ID:vad5CFKp
たしかに会津の人達には納得いかないだろうね
フィクションならどこの藩でもいいのになぜわざわざ会津藩なのかと
俺ももし自分のところだったら怒りたくなると思う
86: 名無しステーション 2013/02/10 00:08:27 ID:qKPBNvv9
>>81
わざわざって言われても昔の作品だしな
100: 名無しステーション 2013/02/10 00:14:36 ID:vad5CFKp
>>86
たしかに作者に聞いてみないと分からないんだけどね・・・
でも俺は設定はともかく、こういう展開も嫌いではないな
ただ気分的に落ち込んでる時は見る気がしないかもしれないw
95: 名無しステーション 2013/02/10 00:13:08 ID:Z4XXGpu9
良い時代劇、カタルシスを感じた。田村正和は流石に歳だろうか、
殺陣はもう難しいかな。松平健は無駄死にではない。封建制の不条理
を断ち切ろうとする田村正和に賭けのだろう。自身も家族も無い天涯孤独
の身の上と科白で言っていたから、虚無の境地でもあったのだろう。
会津藩がヒールになっているが、未だに日本は薩長閥が支配している事を
思えば、さもありなん、だな。
130: 名無しステーション 2013/02/10 00:30:31 ID:vad5CFKp
>>95
今日のドラマは見てないけど映画版は結構好きだな
昔の時代劇は悲劇的なのが多いし、鬱展開でも慣れれば武士の生き様が美しく見えてくる
103: 名無しステーション 2013/02/10 00:15:46 ID:tBu840We
今日はじめて見たんだが、北村有起哉って北村和夫の息子だったんだ。
そこそこ、気合が入った演技だったね。
104: 名無しステーション 2013/02/10 00:15:53 ID:iEaYKQhs
鉄砲隊w
それと、斬りつけてる最中のCMだけはあきまへん
主要キャストがちゃんと時代劇時代劇した演技できててよかった
108: 名無しステーション 2013/02/10 00:17:34 ID:eKdJjZ4K
>>104
あのCMはほんとアカンわ
うおおお盛り上がってきたー・・え↓
109: 名無しステーション 2013/02/10 00:17:38 ID:m8cLExi3
>>104
そうだ!あのCMの挟み方はヒドス
106: 名無しステーション 2013/02/10 00:16:48 ID:N82rq/+6
あのCMでスポンサーの心証は悪くなったな
118: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/02/10 00:23:05 ID:JGp9jQOK
>>106
あのCMカットは田村の殺陣が流石に一気に流すには辛かったのも有ると思った。
相当苦渋の判断の末だと思うぞ(´・ω・`)
122: プリンマン ◆PRIN//LcOMvL 2013/02/10 00:26:13 ID:Kj3G+6lS
>>118
(´・ω・`)いやでもあれはやっちゃいけないんでないの
時代劇で初めて見たわ
110: 名無しステーション 2013/02/10 00:17:43 ID:2hkFSJzN
田村正和の台詞4割くらい聞き取れなかったでござる
113: 名無しステーション 2013/02/10 00:20:58 ID:tBu840We
>>110 同意! ( ^∀^)ゲラゲラ
111: プリンマン ◆PRIN//LcOMvL 2013/02/10 00:19:09 ID:Kj3G+6lS
(´・ω・`)正和ちょっと迫力なかったな
吉宗もヘボかったから合ってた
112: 名無しステーション 2013/02/10 00:20:42 ID:RwmDda8r
原作読めばわかるけど、笹原家のラストと嫁のラストが違う

テレビは貫いた愛とか、殺陣とかを全面に分かりやすく押すじゃん
原作でも、抵抗を続けるけど・・・・最終的には奥さん城で冷遇されて病死だった気がするよ
あとは読者に行間を読め的な感じ。

116: 名無しステーション 2013/02/10 00:21:37 ID:eKdJjZ4K
>>112
それじゃカタルシスないからなーテレビ的には
117: 名無しステーション 2013/02/10 00:22:25 ID:j48XCCDJ
会津の人ムカツクだろとか言ってる人さあ、
尾張藩お膝元の面々はずっとずっとアバショーでの扱いに耐えてたんだぜw
八重の桜やってる年にわざわざ鉄砲隊にトドメささせるドラマにするあたり
ちょっと悪意を感じたけど
まあ所詮どこまでもフィクションなので本気で怒るのは野暮なんだぜ
119: 名無しステーション 2013/02/10 00:24:01 ID:ggHLKAV3
>>117
尾張と言えば幕府転覆だからなあw
126: 名無しステーション 2013/02/10 00:29:40 ID:7Z/8ji0y
>>119
史実では緊縮財政では経済対策にならないとオワリミクスやったのにな
暴れん坊では幕府転覆だからな(笑)
129: 名無しステーション 2013/02/10 00:30:20 ID:PTWknzsP
そして、>>117>>119の人のもっともなツッコミにワラタww
何だかすごくスッキリしたので寝ますw

やっぱり実況は勉強になるな。楽しかったw
皆さんまたね、ありがとう!

121: 名無しステーション 2013/02/10 00:25:05 ID:m8cLExi3
こういう鬱ストーリーは久しぶりで凹んだ
八重の桜が面白いから会津に興味持って見たのに
123: 名無しステーション 2013/02/10 00:26:15 ID:YigFsxq/
キャスティングが地に足がついてて良かった
梶芽衣子も憎まれ役だったけどいい演技だった
田村正和も緒方直人も仲間由紀恵もピッタリ
127: 名無しステーション 2013/02/10 00:29:46 ID:xVNfwZFS
先週NHKラジオのラジオドラマでやってたのは
原作に忠実なストーリーだったな
131: 名無しステーション 2013/02/10 00:32:11 ID:9SfsmXx3
この話には、絶対的悪人だと言えるような者は一人もいない。
全てを挙げればきりがないが、例えば大目付さんなどは
さも極悪人であるかのように討ち殺されて実に哀れだったよ。
133: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/02/10 00:33:31 ID:JGp9jQOK
会津が親藩だってのが正和パパの「幕府へ」って行動の絶望感を裏付けてるって事を
理解してないと後半は理解が浅くなるよなあ・・・
上訴しても藩は安泰だから上層部だけは形式的に罰せられても藩取潰しで関係のない
藩士全員が浪人になることは無いと言う前提での一家のみの反乱なんだぜ(´・ω・`)
143: 名無しステーション 2013/02/10 00:55:52 ID:cNIxiXkv
鬱展開が嫌だって人が多いことに何か驚いたわ
145: 名無しステーション 2013/02/10 01:02:05 ID:dPengnSO
布団入って見てたら三十分程で寝てしまったが録画はしてあるので後で見よう。
146: 名無しステーション 2013/02/10 01:02:35 ID:7Dwwx5V6
>>145
そっからがおもしろくなったのにー
147: 名無しステーション 2013/02/10 01:04:52 ID:dPengnSO
>>146
そっか楽しみだな。
148: 名無しステーション 2013/02/10 01:24:49 ID:1We36TPp
孫にささやかな御食い初めしてあげる田村正和が泣けた
あの子が助かったのが唯一の救いだ
150: 名無しステーション 2013/02/10 02:29:30 ID:G9shs64F
八重の桜のおかげで、会津藩が幕府と超親密な関係にあることを
みんな分かってるのに、江戸に訴えに行くとか、あの親父は馬鹿なのかとしか
視聴者は思わないよ
152: 名無しステーション 2013/02/10 03:11:58 ID:RZz0jH4R
>>150
先々代の奮闘の結果、
正容の代で、改姓と紋を許されてる。

ようやく名実共に磐石の地位を築いた直後に
些細な不始末だって何が何でも避けたいところだろ。
しかも内容が内容だ。

結果として揉み消せるということとはまったく話が違う。

151: 名無しステーション 2013/02/10 02:50:26 ID:h2CKQIiH
メード・イン・ジャパンが消化不良だっただけに凄い良作に思えた
こういうの頻繁にやってくれたらなぁ

引用元: 上意討ち~拝領妻始末~★9反省会


上意討ち-拝領妻始末- [DVD] 上意討ち-拝領妻始末- [DVD]
三船敏郎,加藤剛,滝口康彦,橋本忍,小林正樹

東宝ビデオ
売り上げランキング : 952

Amazonで詳しく見る

拝領妻始末 (講談社文庫) 拝領妻始末 (講談社文庫)
滝口 康彦

講談社
売り上げランキング : 8289

Amazonで詳しく見る

コメント

  1. その後娘はどうなった?

  2. この話は事実。小説の原作が最も事実に近い。
    拝領妻になった側室は、色々藩民のためにやった人らしくて、会津では語り継がれた人らしい。
    滝口はその事実を元に小説を書いている。
    赤ん坊背負って江戸に行くって言うのは、三船俊郎の映画の創作。そもそもチャンバラすらないのが事実。

タイトルとURLをコピーしました