『人は見た目が100パーセント』7話感想まとめ

シェアする

スポンサーリンク
パソコン用PHPコード
番組詳細 25日(木)放送で、イケメン美容師・榊圭一役の成田凌と榊の後輩イケメン美容師・岡部和人役の中尾暢樹が副音声を担当することが決定。成田は、連続ドラマ副音声は初挑戦。実際に美容師免許を持つ成田が、ドラマ内で披露した「ヘアカット」や視聴者から大反響だった「編み込みシーン」の裏話を披露したり、好きな女性のヘアスタイルなど、さまざまな話が飛び出す!?イケメンの巣窟、美容室「ルーチェ」のとっておきの話も!?
【公式HP】 http://www.fujitv.co.jp/hitopa/ 【公式LINE】 hitopa_fuji 【公式Twitter】 https://twitter.com/hitopa_fuji 【公式Instagram】 https://www.instagram.com/hitopa_fuji/
 純(桐谷美玲)は、美容室『ルーチェ』の榊(成田凌)を訪ね、お見舞いに来てくれたお礼にドーナツを差し入れる。その際、純は、榊が業界関係者に海外アーティストの来日公演チケットを頼んでいたことを知る。ところがそのチケットは、榊が庶務課の香澄(足立梨花)のために取ったものだと知り、純は大きなショックを受けてしまう。  一方、聖良(ブルゾンちえみ)は、突然ダイエットを開始する。
脱毛しているところを男子研究員の丸尾(町田啓太)に見られてしまった聖良は、ダイエットをして挽回しようともくろんでいた。そんな中、満子(水川あさみ)は、純と聖良に相談を持ち掛ける。週末に高校の同窓会があり、そこに当時ずっと好きだったサッカー部のキャプテン・守口も来るのだという。満子は、10代の頃のプリプリの肌しか知らない相手と十数年ぶりに会う恐怖を訴え、
純たちにリフトアップの研究に付き合ってもらうことに。3人は、さっそく肌のたるみに効くという顔ヨガや、リフトアップ用のグッズをあれこれ試したが、そう簡単には効果がでない。そこにやってきた國木田(鈴木浩介)は、諦めかけていた満子に「リフトアップに最も効果的なのは…」と言いかける。が、その時、統括マネージャーの栄子(室井滋)の視線に気づき、慌てて部屋を出ていってしまい…。
城之内純: 桐谷美玲  前田満子: 水川あさみ  佐藤聖良: ブルゾンちえみ  榊圭一: 成田凌  丸尾拓馬: 町田啓太  岸根香澄: 足立梨花  森村美優: 岡崎紗絵  岡部和人: 中尾暢樹  ・  三沢基樹: 堤下敦(インパルス)  國木田修: 鈴木浩介  松浦栄子: 室井滋  他
【原作】 大久保ヒロミ  「人は見た目が100パーセント」(講談社「BE・LOVE」)  【脚本】 相沢友子  【音楽】 ☆Taku Takahashi(m-flo/Tachytelic inc./block.fm)  【主題歌】 JY「女子モドキ」(Sony Music Records)  【チーフプロデュース】 中野利幸  【プロデュース】 草ヶ谷大輔  【演出】 松山博昭 
品田俊介  永山耕三  【制作】 フジテレビ
放送前・公式関連情報

#7 【二人きりの夜に急接近!!】